動脈硬化の予防にもマカは役に立つのか?!
これで夜も怖くない!おすすめしたい40代から始める【マカサプリ徹底比較】
  1. マカは動脈硬化の予防にも役立つ

動脈硬化とは?

マカサプリはいつ飲むとベストなの?

動脈とは、心臓から送り出される血液を全身に運ぶ重要な血管です。動脈硬化とは、本来しなやかで弾力がある動脈が硬くなったり、脆くなったり、狭くなったりしてしまう病気です。

動脈硬化が起こる原因は主に老化と、過剰な悪玉コレステロールです。 年齢を重ねることで肌や内臓が老化するのと同じように、血管も老化します。人によって進行の程度に違いはありますが、動脈硬化は加齢に伴って進行するものです。 特に問題となるのは、もう1つの原因である過剰な悪玉コレステロール。血液中で増えすぎた悪玉コレステロールが血管の壁に入り込み、蓄積することで血管は弾力を失います。さらに蓄積が進むと脂質プラークと呼ばれるこぶが血管の内側にできて、血管が狭くなり血の流れが悪くなります。

次に、この脂質プラークが何らかの刺激によって破れると傷を修復するために「血栓」ができます。この血栓によって血管が詰まってしまうと、酸素や栄養がいきわたらず臓器や組織が正しく機能しなくなります。その結果、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・大動脈瘤・手足の壊死など重篤な病気を引き起こす可能性があります。これが動脈硬化の怖さです。

悪玉コレステロールを減らすためには、食べ過ぎの防止や適度な運動が何より効果的。そしてもう1つ気を付けなければならないのは、悪玉コレステロールを助長させて間接的に動脈硬化を引き起こす「危険因子」たちです。代表的なのは高血圧。血圧が上昇すると、その圧力によって血管が脆くなり、悪玉コレステロールを血管の壁から吸収しやすくなってしまいます。他には、肥満・高血糖・喫煙も危険因子です。 動脈硬化の防止には、食事や運動で悪玉コレステロールを減らすとともに、この危険因子を解消することがポイントとなります。

血圧の上昇を下げるマカ

血圧の上昇を下げるマカ

マカには、動脈硬化を引き起こす危険因子の1つである高血圧を予防・改善する作用があります。高血圧の原因となるのは肥満・老化・ストレス・遺伝的要素・塩分の摂りすぎ・運動不足など。これらの原因のうちいくつかは、マカの摂取によって改善させることができます。

肥満

マカに多く含まれているリパーゼという酵素には脂肪を分解してくれる働きがあり、ダイエットに効果的。マカの代表成分であるアルギニンにも脂肪燃焼を助ける作用があります。

老化

マカにはポリフェノールを始め、抗酸化作用のある成分が何種類も含まれています。抗酸化作用成分は老化の原因となる活性酸素を抑制してくれるため、若々しい体を保つためには欠かせないものです。

ストレス

マカに含まれるアミノ酸類にはホルモンバランスを整える作用があり、ストレスに強い体を作ってくれます。マカには他にも、ストレスから体を守るビタミンCやカルシウムを含んでいます。

このようにマカはその豊富な栄養素によって、高血圧の原因に多方面からアプローチしてくれるのです。マカの摂取に加え、食生活にも気を配ったり、軽い運動を習慣にすることで、高血圧になるリスクをグッと下げられます。

コレステロールを抑えるマカ

コレステロールを抑えるマカ

マカが動脈硬化の予防に有効とされる理由は他にもあります。サポニンと言えば高麗人参に多く含まれる有効成分ですが、実はマカの成分としても存在します。このサポニンには血中の悪玉コレステロールを減少させる効果があります。つまり、動脈硬化の原因にダイレクトに効いてくれるというわけですね。サポニンには他にも、肥満予防・血流改善など様々な健康効果があります。

動脈硬化予防に限らず、マカに含まれる栄養素とその効能は一度に覚えきれないほどたくさんあります。しかもマカは食材なので、薬のような副作用の心配がなく安心して摂ることができるのも大きなメリット。動脈硬化を予防しつつエネルギッシュな毎日を送るためにも、マカサプリ習慣を始めてみてはいかがでしょうか?

 
そもそもマカって何?
40代から60代の男性が実感!精力がたぎるマカサプリランキング!
マカサプリと併せて精力みなぎる体に!